「技・職人展 〜播州屋台装飾に見る平清盛〜」

【趣旨目的】今年(平成24年=2012)のNHK大河ドラマで注目を集
      める平清盛を中心に、父・平忠盛を描いた「祇園林夜
      雨」から源頼朝が行った大軍事演習「富士の巻狩り」
      まで、源平の盛衰27場面を年代順に、彫刻・刺繍・錺
      金具の名作50余点で辿る一大絵巻!

      又、屋台文化保存連絡会に寄贈されている実物屋台棟
      の鏡面を一面剥がし、初めて内部構造を展覧に供する。

【開催期間】平成24年6月30日〜7月1日=2日間
【開催場所】姫路文学館
【入場者数】 6,000名超

【実演展示】刺 繍:川村定弘師
      錺金具:竹内博之師
      彫 刻:
代目小河義保師・高場正良師・前田貴史師
          大木光師・棒谷雅敏師


【主  催】(社)姫路青年会議所
【後  援】姫路市・NHK 他
【企画制作】屋台文化保存連絡会

場面 場面紹介 部位 作者 出展地区 写真をクリックで拡大!
22 安宅 頼朝の討手から逃れる為、奥州へ向かった義経主従は、安宅の関に
於いて関守・富樫家経に嫌疑を懸けられ、東大寺勧進の山伏と名乗
り、一応は疑いを晴らすも、番卒の訴えで強力姿の義経が呼び止め
られる。しかし、弁慶が義経を金剛杖で打するに及び、家経は弁慶
の苦衷を察し、通行を許可すると云う、高名な勧進帳の場面。
狭間 初代
松本義廣
魚吹八幡神社
長松