播州飾磨彫刻師


三代目 松本義廣

姫路市飾磨区宮一二の三

明治三十八年(1905)〜昭和三十三年(1958)
 

 
旧姓を青木義雄と云い、8歳の頃より二代目の元で修行し、後年腕を見込まれ、松本家に入り三代目を継ぐ。
三台目の仕事振りについては定評があり、特に荒彫をしている時は、ポン・ポン・ポンと軽快でリズミカルな快い音を発していたと云われ、側で見ていて惚れ々々する程の名人芸であったと聞く。
名工故の運命か、惜しくも53歳で亡くなるが、屋台狭間を初め数多くの名作を残す。



 
〔図:菅原道真公遊歩の場〕
〔製:昭和10年(1935)〕
〔材:ヒノキ〕
〔寸: 250× 780× 280〕
〔所有:飾磨・濱の宮天満宮/天神〕
〔祭礼日:10月8日・9日〕
 

 
〔図:名和長年後醍醐天皇御迎の場
〔製:昭和10年(1935)〕
〔材:ヒノキ〕
〔寸: 250× 800× 290〕
〔所有:飾磨・濱の宮天満宮/天神〕
〔祭礼日:10月8日・9日〕
 

 
〔図:佐久間玄蕃太閤本陣乗込の場
〔製:昭和10年(1935)〕
〔材:ヒノキ〕
〔寸: 250× 800× 300〕
〔所有:飾磨・濱の宮天満宮/天神〕
〔祭礼日:10月8日・9日〕
 

 
〔図:芦屋道満童子問答の場〕
〔製:昭和10年(1935)〕
〔材:ヒノキ〕
〔寸: 250× 790× 300〕
〔所有:飾磨・濱の宮天満宮/天神〕
〔祭礼日:10月8日・9日〕