今 在 家
[昭和15年]
 紀元二千六百年祭に練り出された先々代屋台。
擬宝珠には鯱がついており、
既に今在家屋台のシンボルであった様だ。
乗子頭巾には「イマ」の字が読み取れる。
[昭和22年]
背景から津田天満神社境内で撮った写真。
戦後、祭りが復活した時のものであろうか、
町民の弾ける様な笑顔が印象的な一葉。
[昭和27年]
新調間もない先代屋台。
屋台蔵前(現在と同じ場所)で祭典関係者が集まり撮影。
当時擬宝珠は2組あり、
この時は鯱がないものを使用していたと聞く。
[平成17年6月4日]
「ザ祭り屋台in姫路」に練り出され、
姫路城をバックに、三の丸広場を退出する現屋台。
露盤は昭和27年、
三代目松本義廣作のものを引き継いでいる。
[平成25年]
擬宝珠を外し、拝殿内で「一気差し」を行う現屋台。
平成26年1月放映の『祭りの神髄』で、
練り棒の変遷が解き明かされた。
[平成28年]
自治会長を乗せ本殿に練り進んだ後、
境内中央に向かう現屋台。
 【平成25年】獅子舞奉納:10月8日(火) 19時00分
展示会出品
露盤 平成11年(1999)「播州祭り屋台−匠の技展」