播州彫刻師

鎌田秀一

姫府南住

明治中期


鎌田与市正誠の二代目と思われ、姫府南住と銘を記す。




〔図:三豪傑桃園に義を結ぶ
〔製:明治中期〕
〔材:ケヤキ(丸彫)〕
〔寸: 210× 900× 150〕
〔所有:三木・岩壺神社/大手町〕
〔祭礼日:10月第2土・日〕




〔図:焚香操琴
〔製:明治中期〕
〔材:ケヤキ(丸彫)〕
〔寸: 180× 900× 160〕
〔所有:三木・岩壺神社/大手町〕
〔祭礼日:10月第2土・日〕




〔図:牛若丸鞍馬山修行の場
〔製:明治中期〕
〔材:ケヤキ(丸彫)〕
〔寸: 180× 900× 160〕
〔所有:三木・岩壺神社/大手町〕
〔祭礼日:10月第2土・日〕




〔図:熊坂
〔製:明治中期〕
〔材:ケヤキ(丸彫)〕
〔寸: 180× 900× 150〕
〔所有:三木・岩壺神社/大手町〕
〔祭礼日:10月第2土・日〕


      
ひとつもどる 最初のページ ひとつすすむ