妻 鹿
[大正年間]
松が生い茂っていた頃の御旅山頂付近を練る屋台。
[昭和3年]
昭和の御大典奉祝に練り出された屋台。
[昭和30年代]
練り番に当り、
河畔を道中する屋台と三本の幟。
[平成19年]
宮入に向け楼門前に殺到する先代屋台。
迫力の一葉!
[平成21年]
さあ!祭りだ!!
屋台蔵を出立ちする前年に新調された現屋台。
妻鹿の出立ちはいつ見ても豪快だ!
[平成28年]
山登りを終え、山頂の御旅所で渾身の力を振り絞り、
差し上げられた現屋台!
【平成20年】屋台新調
【平成22年】屋台完成[平成22年9月25(土)・26日(日)新調屋台展示会開催]
【平成25年】「史料館」オープン
 ・開館日時:平成25年8月〜(原則として土・日・祝)9時〜16時
 ・そ の 他:尚、事前連絡しておくと、詳細説明も受けられる。
 ・窓口担当:山中憲吾氏 090−8203−7568
       山根勝彦氏 090−8383−1743
【平成25年】伊達綱・泥台新調
【平成26年】「史料館」公開原則取止め
 ・平成25年8月より土曜・日曜・祝日に公開して来たが、11月30日(日)で取り止める。
  今後は、事前に申込があれば対応する。
 ・申込みは妻鹿町自治会館(079−246−3680)まで。
 ・尚、従来通り12月・1月は休館。
展示会出品
高欄掛 平成11年(1999)「播州祭り屋台−匠の技展」
高欄掛 平成20年(2008)「匠の技−播州祭り屋台伝承展」
狭間 平成24年(2012)「技・職人展〜播州屋台装飾に見る平清盛」
露盤 平成24年(2012)「技・職人展〜播州屋台装飾に見る平清盛」