播州っ子は祭りが大好き!
「市 民 の 広 場」




老いも若きも播州人は祭りが大好き。そんな市民の思い入れの広場が有ってもいいのでは?
 投稿された写真・ビデオを展示・放映するコーナーがあったり、
市民が作り観光客・来館者が投票する、屋台ミニチュアコンテストを開催したり etc.
 「播州屋台会館」は、そんな楽しい施設であって欲しいと、屋台文化保存連絡会は考えます。
「市 民 ギ ャ ラ リ ー」
平成15年10月7日(火)
姫路市長へ提出!

109,442名ものご署名
有り難うございました!
「播州屋台会館(仮称)早期建設提案書」
平成15年10月7日(火) 「提案書&署名簿」提出の模様
平成16年6月6日(日) 「第1回 市議会議員懇談会」
平成16年11月21日(日) 「第2回 市議会議員懇談会」
平成17年6月19日(日) 「第1回 行政懇談会」
平成17年9月19日(祝) 「第3回 市議会議員懇談会」
平成6年〜平成25年 過去15件の市議会・県議会議事録【抜粋】
平成19年4月12日(月)
姫路市企画財政局長に提出!

「寄贈・寄託・貸出物件聴取調査結果からの考察」
平成20年7月16日(水)
屋保連結成10周年記念事業
「匠の技−播州祭り屋台伝承展」アンケート結果と考察
姫路市長に提出!
 平成26年6月29日(日)
屋保連会員向け講習会
「祭りと漆の意外な関係 〜屋台の手入れと裏話〜」
(講師:塗師 砂川 隆 師)
構造開示型ミニチュア
播州匠の技屋台


「ふるさとひめじ応援納税(通称:ふるさと納税)」で
『播州屋台会館(仮称)』を建てよう!!
1.現在姫路市では上記寄附金制度を運用していますが、屋保連ではこの制度を活用し、念願である「播州屋台会館(仮称)」実現に向け実績を挙げ、将来の基金化(最低目標1千万円)を目指します。
※寄附を行って戴く際、“「播州屋台会館(仮称)」建設に使って欲しい”と希望を申し添えて下さい。
2.その事を昨年末の事務折衝に於いて行政にもご理解戴き、屋保連からの要請で姫路市のホームページ上に「寄附金控除試算ツール〜給与所得のみの方用〜」を開設戴きました。
3.現在姫路市この制度は姫路市へ寄附を行った場合、個人住民税及び所得税の寄附金控除を受ける事が出来る制度です。(但し、最低5,000円は負担増になります)
※尚、住民税は寄附を行った年の翌年度の住民税から控除され、所得税は寄附を行った年分の所得税から控除されます。

さあ!みんなの力で「屋台会館」を建てましょう!!
あなたにとって最も負担が少なくて済む寄附金の額は?

【あくまで概算ですのでご諒承下さい】
『寄附金控除試算ツール 〜給与所得のみの方用〜